18 Jul – 28 Aug 2020

山田七菜子/Nanako Yamada
夢題の無/mudai-no-mu

13:00-18:00
日・月・祝日休廊 ※要予約
Closed on Sun, Mon and Holidays ※Appointment in advance

ご来廊の際には事前に電話かメールにてご予約ください。
新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、オープニングレセプションは開催致しません。

夏季休廊/2020年8月12日[水] - 8月17日[月]

迷夢 迷霧
言うてみないや
そら さあ 嘘
そう そう 今朝
深く厚い空
よお見ない
おらんだろうが みな だあれも歩いとらん
嘘だで 無数の音
私だけが 歩いとったと思った 道
壊れた嘘が輝いて
カロリナポプラの綿毛が舞っとったことも気づかんと
あんたらあはおっただか
影を霧に包まれて
迷夢 迷霧
夢をなんと名付けるだ?
晴れたところで
ちがうぎゃあに迷うだけだ
朝が来ても
呼び方がなければ呼びようもない
与えられるまで 呼び合わんつもりなんか
ヤマモモ あじさい いそひよどり ネムの木 雨
心などどうでもええわ 悲しいて 耐えられんが
もう悲しいこともどうでもええで
思え思うなと言うてくるな

迷夢
迷霧
名付けようもない
夢をなんと名付けるだ

**********

迷夢、迷霧。馬鹿げた想いを抱え見通しつかぬほど霧がかった森をうろつく、そんな者の姿。

絵の中の人物は疑うような視線で森や野原に佇む。
木々の葉が風に揺れる音が心地よいので、いっそ行き先を忘れても良いと考える。
異なる者の姿。あなたとも私とも異なる。

世界がどのように在り、押し寄せる謎かけにどのように答えるのか、見つめるのか、
私自身がどのように在るということなのか、私が私に謎かけをする、そのようなことを詩に書いてきた。
絵を描くという行為を、詩によっても探ろうとしてきた。

絵の中に居る人物は特定の者ではないが肖像画の形に似せた。
埋没するような感覚で見たり、対峙して見つめ合うこともできるし
絵画の中に在る視線を盗み見て楽しむこともできる。
肖像画は、晒されていると同時に解き明かされることのない秘密だと思う。
謎かけには謎かけで答えたいと望む。

山田七菜子