11 Sep – 23 Oct 2021

作間敏宏/Toshihiro Sakuma
colony

13:00-18:00
日・月・祝日休廊
Closed on Sun, Mon and Holidays

※ ご来廊の際には事前に電話かメールにてご予約をお願い致します。
※ 新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、オープニングレセプションは開催致しません。

連作『colony』のこと

 ある時期、僕は人の名前集めに夢中になっていました。さまざまな名簿から実在する/実在した人々の名前を蒐集する単調な作業を半年続け、なんとか15万人分のデータバンクをつくりあげました。《個人》と《集合》の布置を人の名前によって可視化しつつ、それを、たとえば蟻や蜂の一匹とその巣=コロニーの布置に重ねて透かし見る、思考実験の試料にするためでした。同じ時期、僕は並行してミツバチや蟻塚の写真を集めてもいたのです。

 名前も、顔も声も指紋も、かけがえのない《個人》に紐づけられた記号や属性、いわゆるIDです。それらは一定の約束=コードのもとで《個人》を同定し保証するはずのものです。いっぽう、無数の記号や属性が視覚的なカウントレス状態におかれると、当然ですがそのひとつひとつは相対的に解像度が劣化してどれも違わないようにみえてきます。こうして記号や属性の固有性が疑わしくなるとき、そこに紐づいていた、かけがえのないはずの《個人》はどのように表象されなおすのか。《個人》を同定し保証する役目を手放したIDは、次にどんなコードのもとで立ちあがってくるのか。15万人の名前を通して、そうしたことを僕は考えたいと思ったのです。

 ミツバチを観察するわれわれは、(実際には存在する)ミツバチの個体差に鈍感です。どのミツバチも同じにみえるせいで、われわれの興味は巣のほうに移らざるをえません。このときミツバチは、《集合》=コロニーが生き延びることに奉仕する「装置」として再定義されるようにみえます。同じように、集合写真や電話帳のなかで無数の顔や名前に紛れたわれわれも、まずは自分の顔や名前が、次いでその表象である自分自身が、かけがえのなさをみるみる喪失してそれぞれの《集合》の構成員という異なる存在に変化し、個体差や個性に鈍感な視線にさらされるのを感じます。ミツバチと異なり複雑なのは、われわれが《集合》に帰属する/帰属させられるときに、そこに自分自身をめぐる問いが交錯するからです。

 個人、夫婦、家族、血族、……、市民、ネイション、……、と、呼びなおされるごとに再定義され束ねられる《個人》、かけがえのなさの濃淡によって変化する《集合》のコード、それらにまとわりつく不快さと安らぎのアンビバレンツ、さまざまな心性や幻想や力やオブセッション、《個人》の生死の意味と《集合》が生き延びる意味の問い直し、……。人の名前は、そうしたものを視覚的に表象するためのキーとして試料として、連作『colony』にむかう僕の思考に作用してきたと思います。

作間敏宏

[略歴(抜粋)]
1957 宮城県生まれ
1982 東京芸術大学大学院修士課程修了

[展覧会(抜粋)]
2021 個展 [colony] ギャラリーHAM 名古屋
2020 個展 [colony] ギャラリーfu 横浜
[GLOBE is HOME]  Gallerie delle Prigioni トレヴィーゾ
2019 [30 YEARS of ART COLONY GALICHNIK] Mala Stanica / National Gallery of R.N.Macedonia スコピエ
2018 個展 [Healing] Tenri Gallery ニューヨーク
2017 [VISUAL-LINES -3つのインスタレーションへのまなざし-] 宇フォーラム美術館 東京
2016 個展 [治癒] ギャラリーKingyo 東京
[つくることは生きること-震災『明日の神話』] 川崎市岡本太郎美術館 川崎
2014 [震災と表現] リアス・アーク美術館 気仙沼
[生命の連鎖・イメージの連鎖] 森鴎外記念館 東京
[アート@土澤2014] 旧花巻商工会議所東和支所・旧拓三建設 花巻
2012 [第10回アートプログラム青梅] 青梅市立美術館 東京
2011 [THE RING III -TRACE-] 東京国際フォーラム・エキジビション・スペース 東京
2010 個展 [接着/交換] 巷房1+巷房2+巷房階段下 東京
2008 [おおがきビエンナーレ2008 / 流れる] 大垣ビル 大垣
2007 [第5回アートプログラム青梅] 青梅織物工業協同組合女子更衣室 東京
2006 [さまざまな眼148 / ダイアローグ] かわさきIBM市民文化ギャラリー 川崎
2005 [光と風の庭] 愛知万国博2005 日本政府館 瀬戸
2004 [開館10周年記念展] リアス・アーク美術館 気仙沼
2003 個展 [接着/交換] ガレリア・キマイラ 東京
[BiCEPTUAL / EXPLORATIONS OF IDENTITY] Hammond Museum ニューヨーク
[第6回岡本太郎記念現代芸術大賞展]/特別賞受賞 川崎市岡本太郎美術館 川崎
2002 個展 [Adhesion/Replacement] M. Y. Art Prospects ニューヨーク
[ConversASIAN IN CAYMAN] National Gallery of the Cayman Islands 英国領ケイマン諸島
2001 [現代美術の手法6 / 光とその表現] 練馬区立美術館 東京
2000 個展 [colony] M. Y. Art Prospects ニューヨーク
[アートみやぎ] 宮城県美術館 仙台
1998 個展 [colony] Newhouse Center Artist Access Gallery / Snug Harbor Cultural Center ニューヨーク
1997 [ART IN TOKYO No.9 /〈私〉美術のすすめ] 板橋区立美術館 東京
[光をつかむ / 素材としての〈光〉の現れ] O美術館 東京
1996 個展 [さまざまな眼74 - 治癒] かわさきIBM市民文化ギャラリー 川崎
1995 個展 [NOAH2000 - 治癒] リアス・アーク美術館 気仙沼
1994 個展 [Healing] L. A. Artcore’s Brewery Annex ロスアンゼルス
[IMAGES DU FUTUR '94] Old Port of Montreal モントリオール
1993 個展 [治癒] ガレリア・キマイラ 東京
1992 [SCIENCE ART EXHIBITION] セビリャ万国博’92日本館 セビリャ
1991 [はじまりの風景] 徳島文化の森21世紀館 徳島
1989 [第1回未来芸術展]/準グランプリ受賞 名古屋市科学館 名古屋
[第9回ハラアニュアル] 原美術館 東京
1985 [JAPANESE CONTEMPORARY PAINTINGS] インド国立近代美術館 ニューデリー

[Biography(Extract)]
1957 Born in Miyagi Prefecture, Japan
1982 Completed graduate school of Tokyo University of the Arts [M.F.A.]

[Exhibitions(Extract)]
2021 Solo exhibition “colony”, Gallery HAM, Nagoya
2020 Solo exhibition “colony”, Gallery fu, Yokohama
“FACT X/1 2020″, Gallery Ecru no Mori, Mishima
2019 “30 YEARS of ART COLONY GALICHNIK”, Mala Stanica / National Gallery of R.N.Macedonia, Skopje
2018 Solo exhibition “Healing”, Tenri Gallery, New York
2017 “VISUAL-LINES”, U-Forum Museum, Tokyo
2016 Solo exhibition “Healing”, Gallery Kingyo, Tokyo
“ART FOR LIFE : EARTHQUAKE”, Taro Okamoto Museum of Art, Kawasaki
2014 “EARTHQUAKE DISASTER AND EXPRESSION”, Rias Ark Museum of Art, Kesennuma
“CHAIN OF LIFE, CHAIN OF IMAGE”, Mori Ogai Memorial Museum, Tokyo
“ART@TSUCHIZAWA”, Former Towa chamber of commerce + Former Takumi Kensetsu, Hanamaki
2012 “10th ART PROGRAM OME”, Ome City Museum, Tokyo
2011 “THE RING III – trace -”, Exhibition Space, Tokyo
2010 Solo exhibition “Adhesion/Replacement”, Kobo1 + Kobo2 + Kobo・Below-staircase room, Tokyo
2008 “OGAKI BIENNALE 2008 / LIVE STREEM”, Ogaki Building, Ogaki
2007 “5th ART PROGRAM OME”, Textile Industry Guild, Womens Locker Room, Tokyo
2006 “SAMAZAMANA ME 148 / DIALOGUE”, IBM-Kawasaki City Gallery, Kawasaki
2005 “REFLECTIONS”, Aichi World Exposition 2005 Japan Pavilion, Seto
2004 “10th ANNIVERSARY COMMEMORATIVE EXHIBITION”, Rias Ark Museum of Art, Kesennuma
2003 Solo exhibition “Adhesion/Replacement”, Galleria Chimera, Tokyo
“BiCEPTUAL / EXPLORATIONS OF IDENTITY”, Hammond Museum, New York
Awarded third prize in “6th TARO OKAMOTO MEMORIAL AWARD”, Taro Okamoto Museum of Art, Kawasaki
2002 Solo exhibition “Adhesion/Replacement”, M. Y. Art Prospects, New York
“ConversASIAN IN CAYMAN”, National Gallery of the Cayman Islands, Cayman Islands in the British West Indies
2001 “TECHNIQUE IN CONTEMPORARY ART 6 / LIGHT AND EXPRESSION”, Nerima Art Museum, Tokyo
2000 Solo exhibition “colony”, M. Y. Art Prospects, New York
“ART MIYAGI”, Miyagi Museum of Art, Sendai
1998 Solo exhibition “colony”, Newhouse Center Artist Access Gallery / Snug Harbor Cultural Center, New York
1997 “ART IN TOKYO No.9 / THE RECOMMENDATION OF ‘I’ ART”, Itabashi Art Museum, Tokyo
“CATCHING THE LIGHT”, O Art Museum, Tokyo
1996 Solo exhibition “SAMAZAMANA ME 74 / Healing”, IBM-Kawasaki City Gallery, Kawasaki
1995 Solo exhibition “NOAH2000 / HEALING”, Rias Ark Museum of Art, Kesennuma
1994 Solo exhibition “Healing”, L. A. Artcore’s Brewery Annex, Los Angeles
“IMAGES DU FUTUR ’94″, Old Port of Montreal, Montreal
1993 Solo exhibition “Healing”, Galleria Chimera, Tokyo
1992 “SCIENCE ART EXHIBITION”, Sevilla World Exposition’92 Japan Pavilion, Sevilla
1991 “PROTOSCAPE”, Tokushima 21st Century Cultural Information Center, Tokushima
1989 Awarded second prize in “1st FUTURE ART EXHIBITION”, Nagoya Science Museum, Nagoya
“9th HARA ANNUAL”, Hara Museum of Contemporary Art, Tokyo
1985 “JAPANESE CONTEMPORARY PAINTINGS”, National Gallery of Modern Art, New Delhi

https://sakumatoshihiro.myportfolio.com/work/